忍者ブログ

MILK MODE 

ノムラテーラー四条店

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ノムラテーラー四条店

先日、京都国立博物館に行った帰り四条通りにある生地屋 『ノムラテーラー』 さん
に寄って帰りました。



こちらはネットショップ   を利用されたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。
実店舗の方も、いつもたくさんのお客さんで賑わっています。

お店は、四条から烏丸に向かって歩くと、
道路を挟んで建っている藤井大丸を
少し過ぎたあたりにあります。




京都特有の間口が狭くて奥に長い作り
なので、四条通りの人混みの中を
考え事しながら歩いていると、
うっかり通り過ぎてしまったりします。
(私はとにかく斜め向かいの藤井大丸の
看板を目印に歩くようにしてます)



これは、入口付近を上から撮ったところ。


手作りを始めた頃、まだパソコンが家になかったのでここまでよく買いに来ました。
限られた予算の中で、今日は一体どの生地を買おうか。
もうあれもこれも欲しくて、お店に着いた途端焦って焦って、心臓がドキドキ
してくるんですよ(^_^;)


これも1階入り口付近。


綺麗に並んで吊るしてある生地は全て見本です。
お客は、反物の重い生地を見なくても、この見本の生地を見て選べば良いのです。
見本の生地だから、遠慮なく触って、厚さや手触りを確かめることが出来ます。
もし裁断で持ち出し中でも、見本があるから見逃す事がありません。


これは1階一番奥にあるキルティングのコーナー(の一部)
キルティングの種類も多いと思います。


欲しい生地が決まったら、店員さんを呼んで
「これとあれとあれが欲しい」と、見本の生地を指し示して伝えます。
「では、お持ちしますのでカット場でお待ち下さい」
と言ってくれるので、お客は手ぶらでカット場まで行って待ってれば良いのです。
店員さんは、フットワークの軽い、若いお兄ちゃんとお姉ちゃん。
すぐに反物の生地を探し出し、担いで次々とカット場へ持ってきてくれます。
自分の順番が来たら、欲しいメーター数を言って切ってもらいます。


これは、2階の売り場。2階は1階より落ち着いた品揃えです。
 

ご婦人方の、高級服地なんかもおいてあります。
お婆ちゃまが一生懸命選んではる姿を見かけます。


リネンはこの2階にあります。結構豊富な品揃えじゃないでしょうか。


生地に付けてある表示も見やすいです。

 
例えば、こんなナチュラルなリネン、たくさん種類があると迷いますよね。
でもほら、メーターいくらで生地幅が何センチか一目で分かるように
書いてくれているので、心置きなく迷えますでしょ?


 
そして、3階は副資材の売り場です。ファスナーが結構安いと思います。
お会計は各階ごとです。

私は生地に関しては、ABCクラフトやユザワヤ、難波とらやより、断然ノムラテーラーが好きなんです。
(江坂の大塚屋にはまだ行ったことがないんですが。)
な~んか、大阪のお店って陳列も品揃えもすっきりしていないというか、
大阪趣味の派手生地 (キャラ物&ゴテゴテ系)がやっぱり多いような…(^_^;)
いや、たまに行くんですけどね、 お好きな方はすみません<m(__)m>

ノムラテーラーは、品揃えのセンスも良いと思うし、陳列が凄く分かりやすいです。
生地の種類(シーチングとかダンガリーとか、ヒッコリーとかの名前)
を一つ一つ全ての生地に書いてくれてあるし、それを種類ごとに固めて置いてあるし
お客が買いやすいようなシステムに整えられているなあと思います。




でも、最近は行く機会もぐっと減りましたかねえ。
今は材料は大体ネットで注文するようになったし、帆布や革を使う事が多くなったこともあるかな。
だからお店に着いた途端、焦って焦って心臓がドキドキすることも、ここしばらくは経験していません(笑)


ノムラテーラーオフィシャルサイト

拍手

PR

コメント

連絡掲示板

最新コメント

[01/29 MILK MODE]
[01/28 なむさいじょう]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ポチッとして頂けると励みになります!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ

アクセスカウンタ