忍者ブログ

MILK MODE 

シックなスモールスザンナを使って作ってみる

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

シックなスモールスザンナを使って作ってみる

次に取りかかっている底タックラウンドバッグの色合わせはこんなんです。



~黒×くすんだパープル×ワイン色×スモールスザンナ~ シックな色合わせです。




あの元気印の向日葵スモールスザンナも、色を抑えるとこんなにクールになるんですね!

そう言えば、今、女優の天海 祐希さんがビールのCMに出てますけど、
スモールスザンナのワンピース着てますよね。
お顔が華やかなので、良く似合っておられます。是非チェックしてみて下さい♪


話を戻して、
前回はリバティを裏に使いましたが、今回は表に使ってみます。
表に使う場合、リバティをどこに配置させるか、2つ案が浮かんでいるので2つとも
やってみるつもりです。



まず一つ目は前胴の真ん中に置くバージョン。
ちょっと裾広がりの広目の幅でのせました。丸いバッグなのに、こんな直線で大丈夫だろうか…。
上部でつまむので、完成した時に、どんなラインで出るのか見当がつきません。




後ろポッケの中もスモールスザンナにしましょう。

表の黒い生地はネットで見て購入した8号帆布なのですが、
別のお店で買った8号帆布(タックトートに使ったの)とは、全く違うんです。
同じ8号帆布とは思えないくらい。こちらの方がうんと柔らかいです。
でもハサミを入れた時、それなりの硬さ、厚みは感じました。
糊付けされてるとか、されてないとか、そういう違いなのでしょうか。よく分かりません。
ちなみにこの生地はバイオウォッシュ加工ではありません。
厚みがあって且つ柔らかいので、底タックラウンドバッグには向いてる生地です。





持ち手などの革パーツは、ワイン色の本革です。ステッチ入れてます。




持ち手の裏もスモールスザンナ。リバティにふっくら芯を挟みました。
持った時の手の感触が、弱冠柔らかくなって持ちやすいんじゃないかと思います。


底タックラウンドバッグは布の厚みがポイントですけど、表布と裏布の関係を考えて、
それを適度にするのが難しい!(>_<) 

実は…これの前に一つやりかけて、失敗してるんです。
厚みが少なく頼りな過ぎた。作ってる途中で駄目だと気付いて放棄しました。

薄過ぎても駄目だし、分厚過ぎても駄目。
生地が厚過ぎるとひっくり返した時に上部のラインが綺麗に出ない。
でも、入れ口付近はマグネットがあるからしっかりとしていて欲しい。
どないせえっちゅうねん (;一_一)
今までのバッグで一番てこずってるかもしれません。。。

拍手

PR

コメント

連絡掲示板

最新コメント

[01/29 MILK MODE]
[01/28 なむさいじょう]

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ポチッとして頂けると励みになります!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ

アクセスカウンタ