忍者ブログ

MILK MODE 

東洋のミューズに会いに秋篠寺へ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

東洋のミューズに会いに秋篠寺へ



突然、制作に関係のないお寺の写真ですが、、、
私は制作以外の記事を書くのにもう一つブログをやっています 。
奈良に住む私にも、まだまだ知らない奈良の魅力はいっぱいありまして
主に奈良中心のお出かけ記事などを制作日記とは別に分けて書いてました。

幸いにもこの制作日記の方は、ハンドメイドバッグがご縁で全国の方々に
ご覧頂いているようです。
せっかくなので、県外にお住まいの方にも、もっと奈良の魅力を知ってもらいたい、
最近そんな風に思い出して来ました。
そういうことで、これからは制作以外の記事も、たまには書いて行こうかなと
思っています。興味の無い方はどうぞ読みとばしてくださいね(^-^)


先日、近鉄西大寺駅から20分ほど歩いて秋篠寺(あきしのでら)というお寺へ行ってきました。
秋篠宮様の宮号の由来になったお寺です。

秋篠寺は、東洋のミューズ 伎芸天さまがいらっしゃることで知られています。
芸術に関する願い事を聞き入れてくれると言うので、かねてから一度ゆっくりお参りしたいと
思っていました。私のバッグ制作が芸術の域に入るかどうかは、深く考えないでおきましょうよ(笑)


持ち前の方向音痴で迷いながら住宅街の中を抜け、まだ到着しないのかしらとふと右の方に
目をやった時、こんもりと緑に覆われた古びた山門が、目に入りました。



(秋篠寺南門)
住宅地の中に、突然ぽっかり異空間への入り口を見つけたような気持ちになりました。



誘われるように中へ入っていくと、、、、



両側から緑の木々が頭上を多い隠し、静かなグリーンのトンネルが伸びていました。



受付まで、この目に沁みるような苔むした庭を見ながら進みます。



美しい!静けさに感動を覚えますね。雨が降ったら、苔はもっとしっとりと濃い色になるのかも。




受付を済ませ本堂へ。
秋篠寺は、776年光仁天皇の勅願により創建された奈良時代最後の官寺。
造営は桓武天皇の時代まで続いたといわれます。
創建当時は、金堂、講堂、東西両塔を持つ大寺院だったそうですが、兵火により焼失。
(南門を入ってすぐ右に東塔の礎石が残っています)



唯一わずかに残った講堂を鎌倉時代に改築したのが現在の本堂ということです。(国宝)
今は、かつて伽藍がそびえ立った大寺院の面影は感じられず、本堂は楚々とした印象さえ与えます。



さて、お目当ての伎芸天さまは、この本堂の中にいらっしゃいます。
真ん中に木彫で力強い本尊の薬師如来(重文)、両脇に日光・月光菩薩、薬師如来をガードする十二神将
そして一番左にひと際目立つのが伎芸天立像(ぎげいてんりゅうぞう)(重文)

 
大きさは、約2メートルほどあります。立ち姿が美しい。 写真は「仏像ワンダーランド奈良 JTBMOOK」より。
お腹と腕のあたりに適度な肉付き、丸みのあるゆったりとした体、やわらかくてお母さんを
思わせるような…少し首を横に傾け、「どうしたの?大丈夫よ。」 そんな風に言っているみたい。

伎芸天は、インドのシヴァ神の髪の生え際から生まれたと伝えられます。
容姿端麗で芸事に優れた女神は、女性的な身のこなしで見る者を引き付けてやみません。
こんな女性的で優雅な作例はほとんどないそうです。厳密にはこの像が伎芸天として作られた
確証はないとのことですが、その要素が十分にある奈良の秋篠寺のこの像は、日本で唯一の
伎芸天像だとされています。
頭部のみ天平時代の乾漆で、体部は鎌倉時代の木彫り。ですが、違和感がなく一体化してる
ところも見どころの一つだとされます。

仏像は、堅苦しくて苦手だって思う人も、この柔和な伎芸天像にはきっと魅力を感じると思います。
どこかで読んだけど、本当にこの仏像に恋してしまった男性がいたとかいないとか…




大師現明王(重文)が安置される大元堂。6月6日のみ開帳されます。 右は開山堂。




東門。車やバスで行くと、こちらの東門から入ることになります。



南門、東門とも雰囲気がありますので、是非両方見て帰りたいものです。

お寺全体は静かで洗練されたこじんまりとした印象で、参拝するにはちょうど良い大きさ
のように思います。
境内や本堂にベンチが設けられていて、ゆっくり感傷に浸れるのも嬉しいです。
女性の皆さんは、きっとお好きなお寺だろうと感じました。私も大好きなお寺になりました。


秋篠寺
住所: 〒631-0811 奈良県奈良市秋篠町757
電話:0742-45-4600  
9:30~16:30  拝観500円
 
近鉄大和西大寺駅からバスで6分、秋篠寺駅下車すぐ

拍手

PR

コメント

連絡掲示板

最新コメント

[01/29 MILK MODE]
[01/28 なむさいじょう]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ポチッとして頂けると励みになります!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ

アクセスカウンタ